「英検は早いうちに」はNG?幼児期の英検取得を焦らなくてよい理由とは

       

公開日:2024/01/15  最終更新日:2023/10/02


幼児期の英検取得についてお伝えします。グローバル化に伴い、重要性が増している英語教育。英語教育は、早ければ早い方がよいといわれているため、幼児期の英検取得を検討している、という保護者も多いのではないでしょうか。しかし、幼児期の英検取得を焦る必要はありません。幼児期の英検取得を焦らなくてよい理由を、詳しく紹介します。

幼児期に英検を受けるのはNG?その理由とは

試験の途中で泣き出してしまったり、英語を嫌いになってしまったり、幼児期に英検を受けて失敗したケースを詳しく紹介します。

泣き出して受験できなかった

試験の途中で泣き出してしまったり、飽きて試験会場をウロウロしてしまったり、小学生未満の子どもの場合は、ひとりで大人しく受験できないケースも多くあります。

英検の試験では、約60分~90分じっと座る必要があります。そのため、小学生未満の子どものほとんどが試験を受けることが難しいでしょう。不安で泣き出してしまったり、大きな声で話したり、周りに迷惑をかけるケースもあります。

英語を嫌いになった

英語を楽しめなかったり、保護者が熱心に指導しすぎたり、嫌がる子どもを強引に勉強させることで、英語嫌いになる可能性があります。子どもが英語を話すことができても、英検では文法や単語の勉強が必要です。勉強となると嫌な気持ちになる子どもも少なくありませんので、幼児期のうちに強引に英検の勉強させるのは避けた方がよいでしょう。

英検受検の前に考えるべきポイント

英検受験の前に子どもにとって英検の勉強が必要なのか、親が熱心になり過ぎていないかなど、考えるべきポイントを紹介します。

子どもに英検の勉強が必要か

子どもに英検の勉強が必要かどうかを、しっかり考えましょう。英検の勉強では、リスニングのほかにも、文法や単語、英語から日本語への置き換えなどを、繰り返し学習する必要があります。

マークシートでは、マークの塗りつぶしが上手くできなかったり、はみ出したり、記入方法を誤ると点数がつきません。マークシートや答案用紙の正しい記入方法を覚えたり、ルールを理解したり、幼児期の子どもには難しいと考えられます。試験のルールなども含め、英検の勉強が必要かどうかを、慎重に判断する必要があります。

ひとりで受験できるか

周りに迷惑をかけずに、ひとりで受験できるかどうかも重要なポイントです。英語教室などで受験できるケースもありますが、周りが大人ばかりの会場で受験することもあります。試験開始までは、保護者の付き添いが可能ですが、受験会場の雰囲気によってパニックを起こす子どもも少なくありません。幼児期の子どもにとって、ストレスになる可能性があります。

親が熱心になり過ぎていないか

親が熱心になり過ぎていたり、期待が大きすぎたり、子どもの負担になるケースも多くあります。子どもの気持ちを無視して、親の希望で強引に受験させると、英語を嫌いになる可能性もあります。

幼児期のうちに、急いで英検を取得する必要はありません。小学生未満の子どもは、楽しみながら英語に触れることが重要です。英検取得は小学生になってからでも遅くありませんので、子どもの気持ちを尊重して判断しましょう。

英語嫌いにならないようにできること

強引に勉強させるのではなく、遊びながら楽しく英語を学ぶと、自然に英語力がついてくるでしょう。楽しみながら学習することで、英語嫌いになる可能性が低くなります。幼児期には、リスニング中心でゲーム形式の出題の英検ジュニアがおすすめです。

遊びながら楽しく英語に触れる

幼児期のうちは、遊びながら楽しく英語に触れることが大切です。たくさん英語にふれることで、徐々に実力がついてきます。英語を嫌いにならないように、楽しさ重視で遊びに英語を取り入れることがポイントです。

幼児期には英検ジュニアがおすすめ

幼児期には、英検ジュニアがおすすめです。英検ジュニアは、リスニングが中心の合否判定がない育成型のテストです。ゲーム形式なので、幼児期の子どもも楽しく取り組むことができます。難しい文法や単語を覚えるなどの勉強とは違うため、受験のハードルが低くなり、子どもの精神的な負担も軽減されるでしょう。合否判定がなく、ブロンズ、シルバー、ゴールドの3段階のレベルが用意されており、正答率80%以上で、次のレベルに進めます。オンライン受験が可能なのもうれしいポイントです。

まとめ

この記事では、幼児期の英検取得についてお伝えしました。試験中に泣き出してしまったり、強引に勉強させることで英語を嫌いになったり、幼児期の英検受験で失敗したケースは多くあります。英検の勉強が子どもに必要か、親が熱心になり過ぎて子どもの気持ちを無視していないか、などのポイントを押さえて、英検を受験するかどうかを慎重に判断しましょう。

幼児期のうちは、英語が嫌いにならないように、楽しく遊びながらたくさん英語に触れることが重要です。幼児期には、リスニング中心でゲーム形式の英検ジュニアがおすすめです。英検取得を焦る必要はありませんので、幼児期のうちは英語が嫌いにならないように、楽しみながら英語に触れることが大切です。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

グローバル化が進むなか、小さなお子様をもつ方はなるべく早く英語教育を行いたいと感じている方は多いでしょう。幼児に向けて英語教育をする施設は「プリスクール」と呼ばれ、最近話題を集めています。

続きを読む

社会のグローバル化が進む中で、子どもが小さいうちから英語に親しみをもってほしいと考える保護者は少なくないでしょう。プリスクールは、未就学児を英語環境の中で保育する施設です。施設内におけるコミ

続きを読む

東京で幼児言語教育としてオンライン英会話を考えていませんか?オンライン英会話を行っている事業は増えてきており、需要も高くなっています。そこで本記事では、オンライン英会話のメリットとデメリット

続きを読む

幼児期の英検取得についてお伝えします。グローバル化に伴い、重要性が増している英語教育。英語教育は、早ければ早い方がよいといわれているため、幼児期の英検取得を検討している、という保護者も多いの

続きを読む

東京都には、日本全国で最も数多くのプリスクールがあります。プリスクールは、それぞれ特色が異なるので、選ぶのが大変という方は少なくありません。 英語だけでなく、日本語教育にも力を入れているスク

続きを読む

幼児期に英語教育を始めることは、将来の言語力や学習能力の向上につながります。本記事では、幼児の英語教育に優れたサービスを提供している以下の3社を紹介していきます。3社とは、ケーバイエヌとピッ

続きを読む

スクール名:キンダ―キッズ インターナショナルスクール 東京本校:〒145-0074東京都大田区東嶺町41-20 TEL:03-5732-1600 電話受付:9:00~18:00※土日祝、ス

続きを読む

赤ちゃんが言葉を話し始める時期は、大体いつ頃なのでしょうか。一語文から二語文など、だんだん話す言葉が増えていく様子をみるのは、親の楽しみのひとつといえます。また、子どもの言語教育を始める時期

続きを読む

いまや日本国内だけではなく、世界中で活躍することがめずらしくない時代となりました。世界で活躍するためには、英語をはじめとした外国語を使いこなす必要があります。これからの時代、子どもを世界で活

続きを読む

会社名:有限会社キッズインターナショナル 住所:〒141-0031 東京都品川区西五反田 8-9-5 FORECAST五反田WEST 4F TEL:03-5719-1250 2020年以降、

続きを読む