世田谷区でおすすめのプリスクール3選

       

公開日:2024/04/03

東京 幼児言語教育 世田谷区 3選

子どもが幼いころから英語教育を施しておきたい方の興味・関心を集めているのが「プリスクール」です。プリスクールとは欧米で広く見られる、2〜5歳の子どもが幼稚園に通園前に利用する施設のことをいいます。

今回は世田谷区でおすすめの3つのプリスクールを紹介しますので、ぜひ、プリスクール選びの参考にしてください。

ケーバイエヌ

ケーバイエヌの画像

会社名:ケーバイエヌ株式会社
住所:東京都新宿区西新宿1-26-2新宿野村ビル32階
電話番号:03-6311-4580

ケーバイエヌはケーバイエヌ株式会社が運営するプリスクールです。2020年1月下旬から2月上旬にかけてゼネラルリサーチが実施したアンケートでは「安心して任せられるベビーシッターサービスNo.1」に選ばれた実績があります。

ケーバイエヌは、独自のヨーロッパ型教育を取り入れた独自のメソッドで子育て支援しています。ヨーロッパ型教育では、国籍や性別にかかわりなく教育を施す「インクルーシブ思考」を重視します。

インクルーシブ思考とは、あらゆる人を排除せず受け入れる思考で、国籍、性別、年齢、障害の有無にかかわらず、互いに相手を認め合って共生する考え方です。

ケーバイエヌで子どもたちの保育を担当するスタッフを「ナニー」といいます。ナニーは単に子どもを預かるベビーシッターと違い、子どものしつけや勉強、情操教育など幅広く活動する幼児教育の専門職です。

ケーバイエヌのナニーは、家族のパートナーとして子育てを支援します。保育はもとより、習い事や言葉の学習、遊びのサポートなども追加料金なく行います。

ケーバイエヌには様々な個性を持ったスタッフが在籍しています。国籍や宗教が違うスタッフや、特技・資格が異なるスタッフが在籍していているため、幼いころから様々な価値観に触れるチャンスを得られます。

言語の習得にもケーバイエヌは力を入れています。子どもの言語能力は2歳ころまでに決まるとされていますが、そのころに人から直接話しかけることで学習して発語できるようになるといわれています。映像教材と比べると人間から話しかけられた方が言語を習得しやすいという研究結果もあるため、ケーバイエヌでは幼い時期から英語で話しかけるようにしています。

先ほど、ケーバイエヌには多様な人材がいると述べましたが、人材の種類が多ければ、それだけ多種多様なニーズに対応できます。

訪日中の外国人のサポートとして利用することもでき、外国語教育を取り入れたいという日本人の家庭の希望に対応することも可能です。基本的には英語と中国語の対応が中心ですが、他の言語でも対応可能ですので問い合わせてみるとよいでしょう。

また、ケーバイエヌでは子ども向けのコンテンツであるワールドオリエンテーションも開催しています。ダンスレッスンや子ども同士の異文化交流会も開催していますので、他の文化を体験することも可能です。

ハローキッズプリスクール

ハローキッズプリスクールの画像

会社名:ハローキッズプリスクール
住所:東京都世田谷区駒沢2-60-7 オオタカビル1F
電話番号:0120-815-874

ハローキッズプリスクールは世田谷区駒沢にあるプリスクールで、生活の全てにおいて子どもたちが学べるよう、最良の方法で学べる環境づくりを行っています。

ポイントとしては、オリジナルのカリキュラムを作成し、子どもたちが英語で考えたり、話したり、遊んだりする環境を整えていることです。

開講しているコースは1歳半から幼稚園の年長までを対象とするプリスクールと幼稚園の年少から小学生までを対象とするアフタースクールです。

プリスクールでは月齢の近い子どもたちと一緒に過ごす環境を整え、集団で過ごす体験ができるようにしています。子どもたちの自立を促し、自信をもって様々な学習に取り組めるよう導いています。

講師1名につき生徒は最大5名までとし、講師が生徒一人ひとりの特徴を把握しながら指導しています。1日の指導が終わると、その様子をレポートで保護者に報告する仕組みをとっているため、どのような指導が行われたか確認できます。

プリスクールの子どもたちよりも年長であれば、幼稚園の年少から通えるアフタースクールもおすすめです。プリスクールで育った子供たちがプリスクール修了後にアフタースクールで学ぶこともできます。

アフタースクールでは、できる限り英語のみで会話する環境を整えています。授業時間は100〜150分です。カリキュラムの特徴はコミュニケーションの育成に力を入れていることです。

ミュージック&ムーブメント、アート&クラフト、ストーリータイム、ゲーム&アクティビティーなどのプログラムを取り入れた指導を行っています。

毎日通うのが難しい場合は、土曜日コースに通うという選択肢もあります。時間は10:00~14:30までの4時間30分ですが、最長で17:00まで延長可能です。

授業の内容は、カラーリングや工作、毎日のあいさつや自己紹介、季節やイベントに合わせた歌、公園での外遊び、講師や生徒同士のフリートークなどで、時間が長くても飽きずに過ごせるよう工夫されています。

事前に電話やメールで問い合わせることで1日体験レッスンに参加することもできますので、プリスクールに興味がある方はハローキッズスクールの指導を体験してみてもよいでしょう。

三軒茶屋インターナショナルスクール

三軒茶屋インターナショナルスクールの画像

会社名:三軒茶屋インターナショナルスクール
住所:東京都世田谷区上馬1-32-12 2F
電話番号:03-3795-1225

三軒茶屋インターナショナルスクールは、代表の和田氏が提唱する「和田メソッド」で独自の英語教育を行っているプリスクールです。和田メソッドの特徴を一言で表すと「集中できる時間内に、短く様々なアプローチで基礎的な内容を反復学習するカリキュラム」です。

子どもが集中できる時間は思いのほか短く、10分ほどで集中が切れてしまいます。苦手な内容の学習であれば、集中できる時間はさらに短くなります。

そこで、子どもの集中力を維持するために無駄を排除してテンポよく授業を進める必要があります。使う教材も飽きないよう豊富に用意するのが望ましいのです。

和田メソッドはスピード感をもって英語の授業を行い、子どもたちが楽しみながらゲーム感覚で英語を習得できる学習方法です。

もちろん、英語で重視される「聞く・話す・読む・書く」という4技能の育成にも余念がありません。

三軒茶屋インターナショナルスクールでは、発音とつづりの法則であるフォニックスを重視した指導を行い、英語耳を作る指導を行います。そのあとで、フォニックスを使った「話す・読む」の訓練を行います。

また、文部科学省による新学習指導要領の改訂で、大幅に増加した英単語に関する対策もしっかり行ってくれます。三軒茶屋インターナショナルスクールに通う4年間の中で小学校・中学校で習う2,300の単語を網羅する先取り指導を実践しているので、小学校進学後の英語学習でも大いに役立つでしょう。

三軒茶屋インターナショナルスクールでは年齢別のグループレッスンコースと小学生や中学生を対象とした個別レッスンを開講しています。

グループレッスンは少人数制で、プリスクールは最大5名まで、それ以外のアフター・英語学童(小学校低学年対象)・本科(小学校高学年対象)では最大7名までを定員として授業を行います。

とくにプリスクールでは英語脳の育成を重視した指導を行い、英語力だけではなく人にやさしくできるEQ(こころの知能指数)の高い子どもの成長をサポートしています。楽しみながら学ぶことで、子どもたちが英語好きになれるよう指導しています。

まとめ

今回は世田谷区で利用できる3つのプリスクールを紹介しました。日本にいながら外国語の能力を伸ばすのは難しいと思われやすいですが、今回紹介した3つのプリスクールを活用すると幼いころから英語に触れられ、英語が話せる子どもになれるかもしれません。

バイリンガルを目指していたり、子どもの英語力を伸ばしたいと考えたりするのであれば、今回紹介した3つのプリスクールに問い合わせ、指導内容を尋ねてみてはいかがでしょうか。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

子どもが幼いころから英語教育を施しておきたい方の興味・関心を集めているのが「プリスクール」です。プリスクールとは欧米で広く見られる、2〜5歳の子どもが幼稚園に通園前に利用する施設のことをいい

続きを読む

プリスクールとは、未就学児が通う教育施設を指します。一般的な幼稚園や保育園と異なり、プリスクールでは日常的に英語を使ったコミュニケーションが行われます。 幼児期から英語や海外の文化に触れられ

続きを読む

プリスクールは、英語を通した幼児教育です。プリスクールを利用すると、お子様が英語力を身につけられます。渋谷区にはさまざまな種類のプリスクールがあるため、選ぶ際に迷ってしまう方も多いでしょう。

続きを読む

グローバル化が進む現代では、英語が話せることで将来の選択肢もより広がります。プリスクールのように幼少期から英語に触れられる環境があると、高い英語力が身につけられるでしょう。 今回は、千代田区

続きを読む

プリスクールとは、欧米では2〜5歳児が通う施設で幼稚園に通う前の施設を意味します。日本では英語を使う環境の中で未就学児の保育を行う施設を指すことが多いです。 幼いうちから英語に触れさせたい方

続きを読む

グローバル化が進むなか、小さなお子様をもつ方はなるべく早く英語教育を行いたいと感じている方は多いでしょう。幼児に向けて英語教育をする施設は「プリスクール」と呼ばれ、最近話題を集めています。

続きを読む

社会のグローバル化が進む中で、子どもが小さいうちから英語に親しみをもってほしいと考える保護者は少なくないでしょう。プリスクールは、未就学児を英語環境の中で保育する施設です。施設内におけるコミ

続きを読む

東京で幼児言語教育としてオンライン英会話を考えていませんか?オンライン英会話を行っている事業は増えてきており、需要も高くなっています。そこで本記事では、オンライン英会話のメリットとデメリット

続きを読む

幼児期の英検取得についてお伝えします。グローバル化に伴い、重要性が増している英語教育。英語教育は、早ければ早い方がよいといわれているため、幼児期の英検取得を検討している、という保護者も多いの

続きを読む

東京都には、日本全国で最も数多くのプリスクールがあります。プリスクールは、それぞれ特色が異なるので、選ぶのが大変という方は少なくありません。 英語だけでなく、日本語教育にも力を入れているスク

続きを読む