英語シッターでおすすめの幼児言語教育3選

       

公開日:2023/09/15  最終更新日:2024/01/04

幼児期に英語教育を始めることは、将来の言語力や学習能力の向上につながります。本記事では、幼児の英語教育に優れたサービスを提供している以下の3社を紹介していきます。3社とは、ケーバイエヌとピックシッターとお迎えシスターです。この記事ではそれぞれのサービスの特徴を詳しく解説していきます。

東京の幼児言語教育サービスおすすめ1位はこちら

ケーバイエヌ

ケーバイエヌの画像

会社名:ケーバイエヌ株式会社
本社:〒163-0532東京都新宿区西新宿1-26-2新宿野村ビル32階
TEL:03-6311‐4580

まずケーバイエヌの特徴について、具体的に解説していきます。ケーバイエヌは、世界一といわれる『ヨーロッパ型教育』と世界最高峰の子育てのプロ『ナニー』のノウハウを合わせたオリジナルのメソッドを提供しています。保育だけでなく、言語学習、習い事、遊びのサポートも追加料金なく実施してもらえるのが特徴です。

さらにケーバイエヌでは、さまざまな特技や資格、国籍や宗教も異なる個性豊かな子育てのプロが在籍しており、子供たちの成長をサポートします。定期的に子供向けのワールドオリエンテーションと呼ばれるイベントも開催され、子供たちの視野を広げる機会を提供しています。

また、ケーバイエヌは『プレジデントベイビー 0歳からの知育大百科2022完全保存版』という雑誌にも取り上げられるなど、その高い評価で注目されていることも特徴です。これらの特徴があるため、ケーバイエヌは幼児言語教育において、おすすめの選択肢となっています。

ピックシッター

ピックシッターの画像

会社名:株式会社 アヴェニエール
住所:〒150-6139 東京都渋谷区渋谷2-24-12 渋谷スクランブルスクエア39F
TEL:03-6822-5441

続いてピックシーターの特徴について、解説していきます。ピックシッターは、幅広い年齢層に対応した英語シッターサービスです。0歳から15歳までの子供たちに対して、英語学習やコミュニケーションのサポートを提供しています。

ピックシッターは東京、埼玉、千葉、神奈川を拠点にスタートし、順次全国展開をしています。その名前には、困ったときに手軽に頼れる、子育てのパートナーとしての役割を果たしたいという想いが込められているそうです。

また、ピックシッターは法令に基づいて全てのシッターの各都道府県への届出を確認しており、安心して利用することが可能です。幼児言語教育において、子供たちの成長をサポートする頼りになる存在として、ピックシッターをおすすめします。

また、ピックシッターでは、子供たちの年齢やレベルに合わせたカスタマイズされたプログラムを提供しています。英語学習だけでなく、遊びやクリエイティブな活動など、子供たちの興味や能力を引き出すためのプログラムも用意されていることが魅力の一つです。

加えて、ピックシッターは、家庭の都合に合わせて柔軟な時間帯と期間でサービスを提供します。短時間から長時間までの利用や、定期的な予約も可能です。家族のスケジュールに合わせて利用できるため、忙しいお父さんやお母さんにも便利です。

そして、ピックシッターは、厳格な選考プロセスを経てシッターを採用しています。バックグラウンドチェックや面接、トレーニングを通じて、安心できる信頼性の高いシッターを提供しています。

また、シッターの派遣には事前の打ち合わせが行われ、ご家庭のニーズに合わせたサービスが提供されることが特徴です。これらの特徴により、ピックシッターは英語シッターサービスの中でも信頼性と質の高いサービスを提供していることが大きな魅力です。

幼児の言語教育において、英語環境を提供することで子供たちの成長を促進し、将来の国際的な可能性を広げるサポートをしてもらえるでしょう。

お迎えシスター

お迎えシスターの画像

会社名:株式会社Viling
住所:〒107-0052 東京都杉並区上荻1丁目23-19 東神荻窪ビル2階
TEL:03-6822-3317

お迎えシスターは、厳しい審査に通過したバイリンガル先生が子供の性格・個性・レベルを大切に、楽しく学びのある英語レッスンを提供してくれます。子どもの自主性を大事にした英語力のレベルアップを追求し、個々の子供に合わせた、カスタマイズされた指導を行います。

また、お迎えシスターでは1ヶ月に1つのテーマを設定し、オリジナルのコンテンツを使用して世界について、英語で楽しく学習することが可能です。スピーキング、リーディング、ライティングなどの目的別の学習に加えて、帰国子女、インターナショナルスクール在学生、インターナショナル受験生向けのカリキュラムも用意されています。

お迎えシスターは子供たちの学習意欲を引き出し、自信を育むために積極的なサポートを行います。楽しく刺激的なレッスンを通じて、子供たちは英語に対する興味と、自然なコミュニケーション能力を身につけることが可能です。

英語を使った幼児言語教育において、お迎えシスターは信頼性と専門性の高い教育を提供しています。子供たちの成長と未来への可能性を広げるために、お迎えシスターのサービスを活用してみてはいかがでしょうか。

英語のシッターと英語教室との違い

英語のシッターと英語教室のおもな違いは、学習環境です。

英語のシッターは、あくまでもベビーシッターとして、自宅で年齢に合わせたお世話や遊びを通して、英語の歌や絵本に触れるため、リラックスした環境で英語が学べます。一方、英語教室は指定された場所で行われます。英語を学びたい生徒は、教室に通って授業を受ける必要があるでしょう。

英語のシッター

英語のシッターは、幼稚園や保育園などのお迎え、月齢に合わせたお世話や遊びの中で、英語に触れる機会を提供します。

シッターの研修を受けた、日本人のバイリンガルや英語圏出身のネイティブ、また英語が堪能な外国人など、さまざまなシッターが活躍しています。子どもたちが楽しみながら英語に触れられるように、英語の絵本や歌を使った学習を提供するため、遊びながら学べるので英語を好きになってもらえるでしょう。

また、シッターは家事代行や病児保育、産後ケアなどのオプションを選択できる点も特徴です。休日や早朝、夜間など、通常英語教室が空いていない時間でも予約できるシッターもおり、タイミングさえ合えば急な相談が可能なのも利便性が高いでしょう。

英語教室

英語教室は、おもに英語の言語スキル向上特化しています。

教科書などが提供され、生徒はこれらの教材を使用して英語を学びます。多くの場合、カリキュラムに基づいて教材が選定され、生徒の英語レベルに合わせて、発音や読み書きなどの英語学習を進められるでしょう。

また、英語教室では、クラス形式で授業が行われます。生徒は同じクラスの仲間と一緒に学習し、切磋琢磨しながら協力して英語のスキルを向上させられます。

東京で英語対応が可能なシッターの探し方

東京で英語対応が可能なシッターを見つける方法は、おもに派遣型とマッチング型サービスの2つです。

派遣型では、運営会社が顧客の要望に応じて適切なシッターをコーディネートします。一方、マッチング型では、顧客自身がシッターを探し、直接契約を結ぶ形式です。

なかでも、英語教育を受けさせながらシッティングしてほしいなど、強い希望がある場合、東京都には英語シッター専門のベビーシッター会社が多数存在します。しかし、英語シッター専門の会社を利用する場合、入会金や年会費などの初期費用が数万円以上かかるケースも少なくありません。検討する際は、費用面も考慮に入れて探すとよいでしょう。

また、英語だけでのコミュニケーションに不安を感じる場合、日本語と英語の両方を流暢に話すバイリンガルのシッターがおすすめです。シッターとの詳細な打ち合わせを事前に行い、どの程度の英語教育を希望しているのかを明確にし、納得の上で依頼することが大切です。

英語が話せるシッターに依頼するメリット

英語が話せるシッターを利用することには、多くのメリットがあります。

英語教育を始める年齢がどんどん下がっている現代では、赤ちゃんや乳幼児にとって、英語教室など外部施設でレッスンを受けるには難しいケースが多いです。知らない人や慣れない場所に恐怖を感じてしまう子どもも多く、ずっと泣いていても費用は支払わなくてはいけません。

そんな時は、英語が話せるシッターに依頼するのがおすすめです。シッターは、他人を気にせずに自宅で安心して英語に触れられ、先生と生徒ではなく「シッター」として、よりリラックスした環境で過ごせます。

また、シッターは英語の授業をするのではなく、お世話を英語で行うため、日常生活で実際に使われる、より実践的な英語を自然に耳にできるでしょう。

英語シッターの選び方は?押さえておくべき3つのポイント

シッターは、子供たちが楽しみながら自然に英語を学べるようにするだけでなく、保育も行います。そのため、英語が話せるシッターの選び方には、押さえておくべき重要なポイントがあります。

各家庭に最適な英語シッターを見つけるための具体的なポイントを見ていきましょう。

英語教育の目標を明確にする

まず、どのような英語教育を求めているのか明確にすることが重要です。

たとえば、子どもたちが楽しく遊びながら英語を学べる環境を希望するのか、それとも教材を使って集中的に英語学習をしたいのかなどです。また、ネイティブのシッターやバイリンガルのシッターなど、どのような英語教育を受けさせたいのかによっても選ぶべきシッターは変わってきます。

英語シッターを利用する目的を明確にし、希望に合ったシッターを選びましょう。

予算を考慮する

英語シッターを利用する際の、予算も考慮しましょう。

英語シッターは、マンツーマンの英語レッスンを提供するため、一般的な英語教室と比べて費用が高いケースがあります。シッターサービスの料金は、コースやプランによって異なります。具体的に何回利用するのか、何時から何時までなど、どのくらいの時間利用したいのか、といった点を明確にしておくと、料金の比較がしやすくなるでしょう。

サービス対象エリアを確認する

利用する際は、住んでいる地域がサービス対象エリアかどうかを事前に確認することも大切です。

日本ではまだ、東京や大阪など一部のエリアだけでシッターサービスが提供されているケースが多いです。あらかじめ、インターネット検索などを活用して気になる英語シッター会社へ、住んでいる地域が対象か問い合わせをしてみるのもよいでしょう。

また、口コミやレビューをチェックすることもおすすめです。その際、多くの英語シッター会社は体験サービスを提供しているため、不安な点や疑問点がある場合は、利用してみるとよいかもしれません。

なぜ英語教育は早い方がいい?

英語教育を始める時期は、早ければ早いほどよいとされています。

しかし「なぜ早い方が良いのか?」という疑問を持つ方も多いでしょう。早い時期に英語教育を始める重要性を、3歳児の特性を通じて説明します。

母語が確立していないため、英語に対する抵抗感がない

3歳までの子どもは、まだ「母語」が確立していない段階です。そのため、新たな言語である英語を自然に受け入れられるでしょう。

たとえば、3歳と5歳の子どもに英語のアニメを見せたとき、3歳は何の抵抗もなく視聴しますが、5歳は「英語にしないで!」と反発するケースがあります。これは、5歳の子供がすでに日本語を母語として確立しており、英語よりも日本語の方が理解しやすいと感じるからです。

英語の音を聞き分ける能力がある

3歳までは、日本語の音がまだ完全に定着していないため、英語の音をそのまま聞き取れます。

日本語には「あいうえお」の5つの母音しかありませんが、英語には二重母音を含めると23もの音が存在します。日本語だけで生活していると、英語特有の音を聞く機会が少なくなりますが、3歳まではまだ、日本語以外のさまざまな音を聞き分ける能力があります。

まとめ

ケーバイエヌ、ピックシッター、お迎えシスターは、幼児の英語教育において優れたサービスを提供しています。

ケーバイエヌはヨーロッパ型教育を活用したオリジナルメソッドを提供し、言語学習だけでなく習い事や遊びのサポートも行います。ピックシッターは、バイリンガルなシッターによる楽しく学びのある英語レッスンを提供し、幅広い年齢層に対応していることが特徴です。お迎えシスターは厳しい審査を通過したバイリンガルによるカスタマイズされた指導を行い、自主性を大切にした英語力のアップを目指します。

これらのサービスは幼児の英語教育において優れた選択肢です。幼少期から英語の習得を始めることは、将来の国際的なコミュニケーション能力の向上につながります。ぜひこれらのサービスを活用して、子供の成長をサポートしましょう。

おすすめ関連記事

検索

【NEW】新着情報

グローバル化が進むなか、小さなお子様をもつ方はなるべく早く英語教育を行いたいと感じている方は多いでしょう。幼児に向けて英語教育をする施設は「プリスクール」と呼ばれ、最近話題を集めています。

続きを読む

社会のグローバル化が進む中で、子どもが小さいうちから英語に親しみをもってほしいと考える保護者は少なくないでしょう。プリスクールは、未就学児を英語環境の中で保育する施設です。施設内におけるコミ

続きを読む

東京で幼児言語教育としてオンライン英会話を考えていませんか?オンライン英会話を行っている事業は増えてきており、需要も高くなっています。そこで本記事では、オンライン英会話のメリットとデメリット

続きを読む

幼児期の英検取得についてお伝えします。グローバル化に伴い、重要性が増している英語教育。英語教育は、早ければ早い方がよいといわれているため、幼児期の英検取得を検討している、という保護者も多いの

続きを読む

東京都には、日本全国で最も数多くのプリスクールがあります。プリスクールは、それぞれ特色が異なるので、選ぶのが大変という方は少なくありません。 英語だけでなく、日本語教育にも力を入れているスク

続きを読む

幼児期に英語教育を始めることは、将来の言語力や学習能力の向上につながります。本記事では、幼児の英語教育に優れたサービスを提供している以下の3社を紹介していきます。3社とは、ケーバイエヌとピッ

続きを読む

スクール名:キンダ―キッズ インターナショナルスクール 東京本校:〒145-0074東京都大田区東嶺町41-20 TEL:03-5732-1600 電話受付:9:00~18:00※土日祝、ス

続きを読む

赤ちゃんが言葉を話し始める時期は、大体いつ頃なのでしょうか。一語文から二語文など、だんだん話す言葉が増えていく様子をみるのは、親の楽しみのひとつといえます。また、子どもの言語教育を始める時期

続きを読む

いまや日本国内だけではなく、世界中で活躍することがめずらしくない時代となりました。世界で活躍するためには、英語をはじめとした外国語を使いこなす必要があります。これからの時代、子どもを世界で活

続きを読む

会社名:有限会社キッズインターナショナル 住所:〒141-0031 東京都品川区西五反田 8-9-5 FORECAST五反田WEST 4F TEL:03-5719-1250 2020年以降、

続きを読む